シメで飯塚昌明

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。一般に流通している金製品には、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で販売や買取における価格が大きく変わるのです。貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかを即答できる人は少ないかもしれません。ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。一時期は金の3倍ほどしたのです。理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさの影響があります。プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、あまりの希少性の高さが、その価値を担保しているのです。最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをはじめとして色々なものに値段をつけてもらえます。金というといかにも富豪の趣味という気がして、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。意外なところではメガネなどです。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。日常の生活の範囲内にも、貴金属と同様に扱われる金製品があちらこちらに存在しています。その代表的なものが金歯です。意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。予想していなかった収入にありつける可能性が高いですから、用済みとなった金歯をお持ちの人は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。納得できない安価で買い叩かれてしまったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式も必ず身分証の提示が必要です。買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を提示する必要があります。直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限が原則としてあります。したがって、中高生など未成年は買取してもらえないのが一般的です。ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。ですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。手持ちの金製品を買取に出すとしても、一番肝心なお店選びの段階で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。売却するお店を決める時に役立つのは、「利用者からの人気」が第一です。ここで評価が高い店であれば、それだけ買取に満足だったケースが多いと見ていいでしょう。初心者の方でも当てにできる指標になりますね。一口に投資といっても対象は色々あります。金に代表される貴金属はその典型です。金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。そうは言っても、全く変わらないわけではないので、売却を検討しているなら、その時の相場をチェックしておくのが無難です。2008年のリーマンショック以降、今までの間に、やや遅めのペースながら、市場における金の買取価格が上がりつつあります。最近ではさらに、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、預金の引き出し制限も発動されました。リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、市場での金の価格が上がる切っ掛けとなったと推測されます。買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格で買い取ってくれるのかという一点に尽きると思います。製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。金の国際価格はドルで表されています。それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。その時は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。WEB上で簡単に申し込みできます。まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。数日と経たない内に、メールで査定額を教えてもらえるので、金額に同意の返事をしたら、直ちに買取金額が口座に入金されます。金製品の買取をしてもらう際には、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうケースが最も多いようです。プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているショップも増えてきましたので、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で買取ってもらえます。これなら安全だと思いませんか。最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、数日で査定結果が出るのを待ちます。お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額で買取してもらうかを決めればいいのです。営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金の買取で課税されることなどないでしょう。金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て納税しています。ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたというエピソードはよく聞きます。ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、買取に出すのも手です。でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。たくさんの商品を売る場合は特に、そのぶん買取額の差も大きなものになります。ですので、それだけお店の選択が重要になるのです。金には色々な種類があります。種類を決めているのは主に金の純度です。よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。ある金製品が幾らで売れるかの目安として、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却時には、注意するポイントがあります。金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、持ち込む店舗により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は全く異なるという点です。お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店舗の買取を利用するか、じっくり検討してください。ここ十年くらい、金やプラチナの高価買取の広告や看板が街に溢れています。街頭だけではなく、ネットにおいても、ためしにgoogleなどで検索してみても、大変多くの店が出てくるので驚きます。もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。それに伴って買取価格も変わるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。そうすると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を高い値段で買い取ってくれるそうです。そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、利用してみてもいいかなと思いました。皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。まず最初に大切なのはどこの店に売るかを決めることです。店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。また、何より大事なこととして、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。ネット上で信頼できるソースは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。多くの人から好評を得ている店舗を選択するようにしましょう。金買取のシステムは店によって千差万別です。鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を有償で設定している店もあります。その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、実際に受け取る金額が結局、低額になってしまいます。なんだか、業者にしてやられたような気分になります。せっかくの買取で後悔しないように、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。金買取を利用する時のポイントとして、価値が高い内に急いで売ろうというのは賢明ではないといえます。何と言っても、金というのは、とにかく市場価値が上下しやすいという性質があるからです。そこで、金相場の変動をチェックしておいて、丁度いい時を狙って売ることに全てがかかっています。金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。しかし、どこまでいっても不安だという人は、思い切って専門店に売却して現金化するのも良い方法だと思います。買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。こうした被害に遭ってしまった時には消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は実に多くのお店が買取サービスを取り扱うようになりました。街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳う店も一般的になってきたのです。鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。金買取の利用を検討している場合は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。よく見聞きするのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。この方法を採用するなら、まず考えることは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。初めて金を買うときには、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です