森下の池辺

引っ越しで、荷物をまとめる際、慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、底面から一個ずつ包むようにしましょう。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと緩衝効果があります。持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。あこがれの年金生活ではありますが、今までとは全く違う生活になります。思い切って、環境も変えてみませんか?今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活そのものが大きく変わるとすると、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。よりよい環境を求めて引っ越すのも今はごく当たり前の話です。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。理由は進学や就職と様々ですが、荷作りにはいつも時間がかかります。単身者が引っ越す場合、私の経験では多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら頑丈な荷物になります。スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは強度の差は明らかです。壊れない頑丈な荷物にするために欠かせないものなので、何とか手に入れたいものです。安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。良好なご近所関係も住環境の一部です。良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶を早く終わらせておきましょう。おみやげを用意した上で挨拶に伺いましょう。挨拶は要点だけ伝われば良いので、好印象を与えるようにしてください。出会った時の印象は、お互いに強く残るものです。今回の引っ越しで見積もりを出した際、引っかかったことがありました。当然のように、液晶テレビの運搬では個別の保険をかけないと運べないそうです。わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入時に30万円以上したものは、保険をかけないと運べない規定になっているそうなのです。言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、どこの業者さんでも同じなのかまだ引っかかっています。引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、よく知られた存在になりました。従来は、引っ越し専門業者を探してみると何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたという先入観がありました。運送会社の多くが最近になって家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更届が必要になりますが、ナンバープレートが変わるのは面倒だと心配になるかもしれません。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならそのまま同じプレートを使って良いのですが、管轄が異なる地域であれば、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つがインターネット回線の移転手続きです。結構見落とされることが多く、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、インターネットが使えなくて青ざめる、という悲劇は後を絶ちません。当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば工事が数週間待ちという話もよく聞きます。プロバイダーに移転の連絡をするだけでも、一日でも早く行うべきです。荷造りはいろいろ手がかかるものですが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。お皿やグラスといった割れ物は特に、細心の注意を払って梱包しなければ開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように最大限の注意を払って荷造りするようにするとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。家の中にあるものを引っ越しの時に見直すため、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。悩ましい問題ですね。そこで、ちょっと確認してほしいのは引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。また、業者によっては、ものによってですがお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルといった名目をつけてただで引き取ってくれることもあるので、引っ越し業者に聞いてみてください。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考え直した方が良いでしょう。現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、いずれかの電話会社と契約するなど、意外と時間がかかるやりとりが生じます。引っ越したときには契約が始まっていないと固定電話もファックスも使えない生活になりますので引っ越しを決めたらできるだけ早めに動き出すことをおすすめします。引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの中で大事なのが自動車などの運転免許証を住所変更することです。運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、一日でも早く、住所変更の申請に行くことをすすめます。転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を所定の窓口に提出し、届に記入すれば記載事項変更は終わりです。世帯の大小に関わりなく引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。ダンボールが足りなければ、スーパーなどでダンボールは無料で手に入ります。その場合、サイズは一定していません。ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同じダンボールを積むのでなければ搬出で積み重ねるとき注意してください。一人の引っ越しでは、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。特にワンルームに引っ越す場合はベッドがあると相当狭くなります。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でもドアからベッドを入れることができないなどの話も耳にします。引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を試しに始めてみると家の中がすっきりしていいかもしれません。この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットの中を全部開けてみたのですが、ここまでいらないものばかりだったかと仕分けが大変でした。特に服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。引っ越しが良い機会になっていらないものを手放すことができ、荷物も私の心もスッキリしました。どんな引っ越しでも同じなので絶対必要になることとして、旧居のガスを解約しなくてはなりません。引っ越しは私も何度か行いました。解約自体が大変ということはありません。旧居を引きあげる前に解約しておかないと、請求は自分のところに来てしまうのでもれがないようにしましょう。その場合は、転居していても月末まで料金を請求されるのが普通です。転居すると、いろいろな方面に届け出ますが結果として変更を迫られることもあります。代表的なのは固定の電話番号です。引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておくことが大事です。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、引っ越し後も同じ電話番号を使えます。自分の周囲に大変な数のものがある生活を日々送っている方にとって、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは荷造りが終えられるかどうかです。ものの多さの余り、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにして断捨離に徹すればぐっと整理が進むはずです。専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。最も引っ越しが多いのは、学校や職場が変わる春先で、この時期は業者に支払う費用は高くなります。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。安いからといって平日に引っ越すか。なかなかそうはいきません。このご時世ですから、ネットの引っ越し何でもサイトなどでは、様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。多くの業者から見積もりを集めて、費用を少しでも抑えていくべきです。誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。どこにいても買うことはできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、おまけとして、梱包用グッズを提供するサービスもあります。契約の時にたくさんもらえたのに早まって買ってしまったということにならないよう、業者に見積もりを頼む時には確認するのを忘れないでください。引っ越しの前日までに、短時間で良いので当日のスケジュール調整をしましょう。何時の約束で引っ越し業者が来るか、作業終了の目標は何時かなど、時間とやることの調整をしておきます。荷物は運びやすいように移動しておきましょう。引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として飲み物を揃えておきます。作業が終わったところで、飲み物を出せば夏場は本当に喜ばれるものです。大手の引っ越し業者の一つであり、全国レベルの実績を上げているのが引っ越しのサカイだといわれています。全国規模で170社以上の支店を展開しており、自社の保有車だけで3500台以上あるので、大手らしく、充実したサービスを望むことができます。細やかなサービスができるよう、どのスタッフも一定水準のサービスを行うので安心して引越しを任せることができます。来月引っ越すので準備を進めていますが、引っ越し先までピアノを持っていくかこの際、処分するかどうか悩んでいます。持っていっても弾かないので新居に持っていくにもお金がかかります。もし手放すとしても粗大ゴミにもならないと思うし、悩みは尽きません。もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、引き取り手はそうそう現れません。単身世帯の引っ越しでは、一般的な引っ越しプランを使うよりも単身者向けパックを使うようにすると費用の軽減ができます。こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く荷物が少ない人しか使えないと決めつけられそうですが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。コンテナに収められなかったものがあれば宅配便など、他のサービスを使ってみてください。転居するのが好き、という方でなければ、引っ越しが人の一生の中でも大事なイベントの一つかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあっておかしくありません。どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、やらなければならないことがたくさんある中でどこかに番狂わせが起きると、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないので前日までの準備は万端にしておくことが必要です。学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で住環境を変えることになるのでしょう。引っ越しで家財道具を整理し、使っていないものやいらない服などを一気に処分し、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。しかし、布団は買い換えや処分を行うことなくこれまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。毎晩寝て身体になじんでいるので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。引っ越しには慣れていると思います。そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。引っ越し前はどんな時季でも何のかのと体力を使っているので引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても最後のお風呂に入り、疲れを癒やすのが楽しみでした。それに、当日になっても温かいものを飲むと自分も周りの人もホッとできますよね。今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに現在住んでいるアパートに引っ越しました。引っ越してきたときは、3年くらいで実家の近くに転職したかったので住民票は動かしませんでした。ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、ずるずると居続けてしまい、結婚の話も進んできました。地方税はこの町の方が安かったりするので、これからの住所変更もありかな、と思っています。少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいなら見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。業者に来てもらい、実際に見てもらえば完璧ですが、直接見てもらうことが難しければ荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えれば最適なプランを教えてくれます。他の業者はいくらだったというと他より安い値段で引き受けてくれることもありますからどうにか時間を作っていくつかの業者の見積もりをとってください。引っ越しは先週末に終わりました。引っ越し作業が全て終わり、玄関の明かりをつけたとき、「これからはここが自分の家だ」とジワジワきました。その日の夜は気も大きくなっていて、普段は食べられないようなピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しのお祝いをしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です